【初めの娯楽堂】勤めた会社がブラックだとしても・・・ 映画『ブラック会社に勤めてるんだが、俺はもう限界かもしれない。』を紹介、出演は小池徹平&マイコ

 評価

評価 :3/5。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は、2009年公開の日本のドラマコメディ映画。監督は佐藤祐市、出演は小池徹平&マイコ&品川祐&田辺誠一&中村靖日など。2008年6月26日に新潮社から発売されたビジネス論の書籍。基となったのは2ちゃんねるの書き込み(2007年11月から12月)である。

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

 登場人物(キャスト)

大根田真男(小池徹平)・・・マ男。本作の主人公。

中西亜矢子(マイコ)・・・中西さん。

阿部道大(品川祐)・・・リーダー。

藤田巧己(田辺誠一)・・・藤田さん。

上原学(中村靖日)・・・上原さん。

木村翔太(田中圭)・・・木村。

井出哲也(池田鉄洋)・・・井出。

黒井策士(森本レオ)・・・社長。

 ストーリー

高校中退でニートのマ男(まおとこ)は、母の死で一大決心。プログラマーの資格を取得して、なんとかある小さなIT企業に就職する。しかし、そこは想像を絶する“ブラック会社”だった・・・。サービス残業、徹夜は当たり前のありえない仕事量に加えて超クセ者揃いの同僚たち。納期を目指して、毎日デスマ!ついに限界を迎えたマ男が最後にとった選択とは?「2ちゃんねる」の書き込みから生まれた、実話に基づく勇気と感動の物語。

Amazonプライムより

 裏ばなし

(wikiより)電車男 – 当作品と同様に2ちゃんねるログから書籍化されたベストセラー小説

著者の黒井勇人はペンネームで、書籍化の際に付けられた。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です