【初めの娯楽堂】奴隷として売られた自由黒人の解放までの12年間 映画『それでも夜は明ける』を紹介、出演はキウェテル・イジョフォー&マイケル・ファスベンダー

 『それでも夜は明ける』の作品情報

 【評価(※1)

評価 :3.5/5。

 【題名

それでも夜は明ける』(原題:12 Years a Slave)

 【公開

2013年公開

 【ジャンル

アメリカ映画、イギリス、奴隷制度、ヒューマンドラマ、見応えのある作品、実話、

 【監督

スティーヴ・マックイーン

 【キャスト

キウェテル・イジョフォー&マイケル・ファスベンダー&ベネディクト・カンバーバッチ&ポール・ダノ&ポール・ジアマッティ&ルピタ・ニョンゴ&サラ・ポールソン&ブラッド・ピット&アルフレ・ウッダードなど。

 【原作

ソロモン・ノーサップ“Twelve Years a Slave”

類似作品

フルートベール駅で』『黒い司法0%からの奇跡

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

(※1)星が5つ/何度視聴しても面白い、星が4つ/久しぶりに観ても面白い、星が3つ/一度の視聴で十分、星が2つ/スキップしながら観れる、星が1つ/観て後悔する

 登場人物(キャスト)

ソロモン・ノーサップ (キウェテル・イジョフォー)・・・本作の主人公。当時の黒人としては珍しく字の読み書きができヴァイオリンで稼いでいた。

エドウィン・エップス(マイケル・ファスベンダー)・・・プランテーションの支配人。

ウィリアム・フォード(ベネディクト・カンバーバッチ)・・・聖職者で奴隷のオーナー。

ジョン・ティビッツ(ポール・ダノ)・・・農園の監督官。

セオフィラス・フリーマン(ポール・ジアマッティ)・・・奴隷貿易の元締め。

パッツィー(ルピタ・ニョンゴ)・・・プランテーションで1番の稼ぎ頭の奴隷。

メアリー・エップス(サラ・ポールソン)・・・エドウィン・エップスの妻。

サミュエル・バス(ブラッド・ピット)・・・カナダ出身の大工。

 ストーリー

1841年、ニューヨーク。家族と幸せな日々を送っていたバイオリン奏者ソロモンは、ある日突然誘拐され、奴隷にされる。彼を待ち受けていたのは、狂信的な選民思想を持つエップスら白人による目を疑うような差別、虐待そして”人間の尊厳”を失った奴隷たちだった。妻や子供たちと再び会うために彼が生き抜いた11年8カ月と26日間とは。

(C)2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved.

 裏ばなし

2017年、アメリカ合衆国バージニア州の少年家庭裁関係地方裁判所は、小学校に侵入して人種差別的な落書きをした少年5人に対し、読書や映画鑑賞を通じて世界観を広げるよう命じる判決を言い渡した。この判決で裁判所が指定した映画の中には、「それでも夜は明ける」が含まれていた

Wikipedia「法曹界」より

 レビュー

 <関連記事>ヒューマンドラマ

これからもよろしくお願いします!