【初めの娯楽堂】運命を信じる青年の甘くて切ない恋の物語 映画『(500)日のサマー』を紹介、出演はジョセフ・ゴードン=レヴィット&ズーイー・デシャネル

 評価

評価 :4/5。

(500)日のサマー』(原題:(500) Days of Summer)は、2009年公開のアメリカのラブストーリー。出演はジョセフ・ゴードン=レヴィットズーイー・デシャネルなど。(以下wikiより)本作は、脚本のスコット・ノイスタッターロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでの実際のロマンスに基づいて作られている。

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

 登場人物(キャスト)

トム・ハンセン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)・・・本作の主人公。会社に勤めるも、パッとしない毎日を送る青年。

サマー・フィン(ズーイー・デシャネル)・・・本作のヒロイン。主人公の職場の秘書としてやって来た美女。

ヴァンス(クラーク・グレッグ)

オータム(ミンカ・ケリー)

マッケンジー (ジェフリー・エアンド)

ポール(マシュー・グレイ・ギュブラー)

レイチェル・ハンセン(クロエ・グレース・モレッツ)

アリソン(レイチェル・ボストン)

ミリー(パトリシア・ベルチャー)

 ストーリー

運命の恋を夢見る男の子と、真実の愛なんて信じない女の子の、ビタースウィートな500日ストーリーサマーに恋をした、最低で最高の500日。建築家を夢見つつ、グリーティングカード会社で働くトムは、秘書として入社したサマーに一目惚れしてしまう。意気投合し、いいムードになった二人。トムがサマーに「彼氏はいるの?」と聞くと、サマーの答えはノー。恋愛と友情の間に果てしなく広がるグレーゾーン。人を好きになるって、どうしてこんなに楽しくて切ないんだろう。誰もがまた恋したくなる、二人の(500)日がはじまる!

Amazonプライムより

 見所

 <関連記事>

  • 【Amazonプライム】泣ける感動映画特集
    感動する映画を紹介している記事は数多くありますが。「心に響く映画って何?」という事で、本記事では『時代の流れの影響を受けない』、『2度見ても面白い映画』、『人生の教訓になる映画』を「心に響く映画」と定義して紹介。まだ見ぬ…

これからもよろしくお願いします!