【初めの娯楽堂】たった一人の新兵が見たアイルランド紛争 映画『ベルファスト71』を紹介

 評価

評価 :4/5。

ベルファスト71』(原題:’71)は、2014年公開のイギリスの歴史スリラー映画。グレゴリーバークによって書かれ、ヤンデマンジュ(長編デビュー作)によって監督された。

 登場人物(キャスト)

ゲイリー・フック(ジャック・オコンネル)・・・本作の主人公。イギリス軍の新兵。

イーモン(リチャード・ドーマー)・・・

ブリジット(チャーリー・マーフィー)・・・

ボイル(デビッド・ウィルモット)・・・

キャプテン・サンディ・ブラウニング(ショーン・ハリス)・・・

 ストーリー

英国兵士・ゲイリーは弟への生活費工面の為、英国軍へ入隊する。ある日、ゲイリーが所属する部隊に思いがけぬ命令が下される。それは治安悪化の一途をたどっている北アイルランドの首都ベルファストへの赴任だった。ベルファストに着任して間もなく、部隊はRUC(アルスター警察)を補佐…

Amazonプライムより

 見所

本作はかつてイギリスで起きていた歴史をリアルに表現し、まざまざと体感する新兵の様子を間近で感じる事が出来ます。まさにこの緊迫感が見所となっています。中でも新兵が赴任させる場所が戦争でいうところの前線に配備するというのは驚きが隠せません。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です