【初めの娯楽堂】自分は一体何者?!ある組織から狙われるようになった青年を描く 映画『ミッシングID』を紹介、

 評価

評価 :3.5/5。

ミッシング ID』(原題: Abduction)は、2011年公開のアメリカのアクション映画。監督はジョン・シングルトン、出演はテイラー・ロートナーリリー・コリンズシガニー・ウィーバーマリア・ベロジェイソン・アイザックスミカエル・ニクヴィスト

 登場人物(キャスト)

ネイサン・ハーパー(テイラー・ロートナー)

カレン・マーフィー(リリー・コリンズ)

フランク・バートン(アルフレッド・モリーナ)

ケビン・ハーパー(ジェイソン・アイザックス)

マーラ・ハーパー(マリア・ベロ)

ジェラルディン “ジェリ”・ベネット博士(シガニー・ウィーバー)

ニコラ・コズロフ(ミカエル・ニクヴィスト)

 ストーリー

平凡で普通な高校生ネイサン。ある日、誘拐児童のサイトに13年前の自分の写真を発見してしまう。どこにでもある幸せな家庭で暮らす自分自身がなぜこのサイトに?自分は一体誰なのか?己を疑い始めた瞬間、彼の周りの人々は消され始め、自分の日常が全て仕組まれたものであることを知る。敵も味方もわからない、自分さえも信じることのできない壮絶な逃亡劇の中、彼が持っていたのは潜在的な戦闘能力と、国家を揺るがす<ある暗号>。なぜ自分か?なぜ追われるのか? 全ての<嘘>に打ち勝つ時、彼は本当の自分と、衝撃の真実を知る――。

(C)2011 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

 見所

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!