【初めの娯楽堂】人生その一瞬を大切に タイムトラベル映画『アバウト・タイム』の魅力を紹介

タイムトラベルと言うありきたりな設定でストーリーも想像できてしまう。そんな事を思わせる映画ですが中身は少し複雑。『より良い人生を送る』にはタイムトラベルは便利、だけれども過去に戻らなくても、より良い人生は送れるんだよと映画を通して現実世界の私たちに訴えかけているよう。今回はファンタジー要素を持ちつつも現実的な答えを導き出している作品になります。

 登場人物

ティム(ドーナル・グリーソン)・・・一族の遺伝によりタイムトラベル能力を持つ青年

メアリー(レイチェル・マクアダムス)・・・ティムの運命の女性

 ストーリー

21歳を迎えたティム・レイク(ドーナル・グリーソン)は、自分にタイムトラベル能力があることを知る…。新年のパーティーを満足できないまま終えた夜、ティムは父親(ビル・ナイ)から、レイク家の男たちは代々タイムトラベルの能力があることを告げられる。歴史を変えることはできないが、自分の人生に起きる事や起きてしまった事を変えることができるのだ。ティムは彼女を作り、より良い人生を送ることを心に決める。

amazonプライム

 見所

主人公のティムはタイムトラベルをしながら過去に戻っては人生の選択を少しづつ修正していく。その過程でティムは大切な人を失くし、同時に新たな命を授かる。そこでティムは人生の出来事はその時その時の廻り合わせによって起きる事なのだと学ぶ。

タイムトラベルを通して人生をより良くすると考えていたティムであったが、次第にタイムトラベルをしなくなる。それは人生の一瞬一瞬を楽しむ為であったからだ。何度見ても感動する作品。

これからもよろしくお願いします!