【初めの娯楽堂】マイアミのハチャメチャ刑事が暴れまくる 映画『バッドボーイズ』を紹介、出演はウィル・スミス&マーティン・ローレンス

 評価

評価 :4/5。

バッドボーイズ』(原題:Bad Boys)は 1995年のアメリカのアクションコメディ映画。監督はマイケル・ベイ、出演はウィル・スミス&マーティン・ローレンスなど。後に2作目となる『バットボーイズ2バッド』3作目となる『バッドボーイズ フォー・ライフ』が製作される。

 登場人物(キャスト)

マイク・ラーリー(ウィル・スミス)・・・本作のメインキャラクター。相棒のマーカスと麻薬捜査に乗り出す。

マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)・・・本作のメインキャラクター。相棒のマーカスと麻薬捜査に乗り出す。

ジュリー・モット(ティア・レオーニ)・・・本作のメインヒロイン。事件の目撃者。警察の捜査協力者となる。

フーシェ(チェッキー・カリョ)・・・マイアミを拠点にする麻薬の密売人。

ハワード(ジョー・パントリアーノ)・・・マイク&マーカスの上司でマイアミ市警麻薬取締班班長。

 ストーリー

犯罪都市マイアミで、警察内部に保管されていた1億ドル相当のヘロインが強奪される大事件が発生。外部に洩れる前に何としても取り返さなければならない。警察の面子に賭けたこの任務を命じられたのは、家族思いで日々の生活に追われるマーカスと、親の財産でリッチな生活を送る、プレイボーイのマイク。対照的な二人だが、タッグを組めばコワイものなしのコンビだ。ただし彼らに与えられた時間はたったの72時間!そこに、犯人グループの内輪もめで殺人事件が起き、目撃者ジュリーから警察に連絡が入る…。

Amazonプライムより

 見所

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です