【初めの娯楽堂】第二次大戦を壮大なスケールで描いた 超大作ドラマ『バンド・オブ・ブラザース』の魅力を紹介

 評価

評価 :4.5/5。

第二次世界大戦を壮大なスケールで描く戦争ドラマの集大成。驚愕の製作費1億2000万ドル、制作期間9ヶ月。監督は『ジュラシック・パーク』でお馴染みのスティーヴン・スピルバーグトム・ハンクス製作総指揮。第二次世界大戦前から対ドイツ戦勝利・終戦までを描く。

 登場人物(キャスト)

ハーバート・ソベル(デヴィッド・シュワイマー)・・・最終階級中佐

リチャード・ウィンターズ(ダミアン・ルイス)・・・最終階級少佐

ルイス・ニクソン(ロン・リビングストン)・・・最終階級少佐

リン・コンプトン(ニール・マクドノー)中尉

カーウッド・リプトン(ドニー・ウォルバーグ)・・・少尉

ウィリアム・ガルニア(フランク・ジョン・ヒューズ)・・・軍曹

ドナルド・マラーキー(スコット・グライムス)・・・軍曹

デンバー・ランドルマン(マイケル・カドリッツ)・・・軍曹

フランク・ペルコンテ(ジェームズ・マディオ)・・・軍曹

ジョセフ・トイ(カーク・アセヴェド)・・・伍長

 ストーリー

時代は第二次世界大戦前の1942年、2年後に計画されているヨーロッパ侵攻(後にノルマンディー上陸作戦として世に知れる)に備えて新たに新設された組織、第506パラシュート歩兵連隊第2大隊E中隊はハーバート・ソベル中尉とウィンターズ少尉の下で厳しい訓練が行われている。後にその激しい訓練が功を成しE中隊は優秀な部隊となる。この物語はE中隊の訓練から欧州での勝利までを描いた戦争ドラマ。

アメリカ陸軍第101空挺師団第506パラシュート歩兵連隊第2大隊E中隊(通称:イージー・カンパニー)

※ノルマンディー上陸作戦。第二次世界大戦中の1944年6月6日連合軍によって行われたドイツ占領下の北西ヨーロッパへの侵攻作戦。

 見所

ドラマとして大成功を得た本作は後にバンド・オブ・ブラザース製作陣によって日米戦を基にした『ザ・パシフィック』のドラマが作られる事となる。こちらも制作費が2億ドルと、とてつもない制作費がかけられている。是非一緒にみてもらいたい。

 <関連記事>

  • 【Amazonプライム】泣ける感動映画特集
    感動する映画を紹介している記事は数多くありますが。「心に響く映画って何?」という事で、本記事では『時代の流れの影響を受けない』、『2度見ても面白い映画』、『人生の教訓になる映画』を「心に響く映画」と定義して紹介。まだ見ぬ…

これからもよろしくお願いします!