【初めの娯楽堂】ユダヤのスパイ 映画『スパイ・ミッション シリアの陰謀』を紹介、出演はジョナサン・リース=マイヤーズ&オリヴィア・サールビー

 評価

評価 :3.5/5。

スパイ・ミッション シリアの陰謀』(原題:Damascus Cover)は、2017年公開のイギリスのスリラー映画。監督はダニエル・ゼリック・バーク、出演はジョナサン・リース=マイヤーズオリヴィア・サールビージョン・ハートナヴィド・ネガーバンなど。

オススメの映画[ワード:スパイ]

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

 登場人物(キャスト)

アリ・ベン=シオン/ハンス・ホフマン(ジョナサン・リース=マイヤーズ)・・・本作の主人公。イスラエルの諜報員としてシリアに潜入する。

キム(オリヴィア・サールビー)・・・本作のヒロイン。中東を回るカメラマン。

ミキ(ジョン・ハート)・・・アリの上司。

サラージ(ナヴィド・ネガーバン)・・・

フランツ・ルーディン(ユルゲン・プロフノウ)・・・

ルドウィグ・シュトライヒャー提督(ヴォルフ・カーラー)

 ストーリー

イスラエルの諜報機関「モサド」のエージェント・アリは、敵国シリアに潜伏する仲間を脱出させる任務に就く。上司から「死の危険が迫ったら、コードネーム”エンジェル”を頼れ」と助言を受けた彼は、ドイツ人実業家を装い現地に潜入。一方シリア秘密警察の長官サラージは

Amazonプライムより

 裏ばなし

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!