【初めの娯楽堂】アメリカの超一流強盗団の完全犯罪を描く 映画『ザ・アウトロー』を紹介、出演はジェラルド・バトラー&パブロ・シュレイバー

 評価

評価 :3.5/5。

ザ・アウトロー』(原題:Den of Thieves)は2018年公開のアメリカのアクション映画。世界屈指の犯罪都市ロサンゼルスを舞台に銀行強盗団と重犯罪特捜班を率いる型破りな刑事の対決を描いた。監督はクリスチャン・グーデカスト、出演はジェラルド・バトラーパブロ・シュレイバー

あなたにオススメの映画[ワード:強盗]

 登場人物(キャスト)

ニック・オブライエン(ジェラルド・バトラー)・・・ロサンゼルス郡保安局の重犯罪班を率いるリーダー。

レイ・メリーメン(パブロ・シュレイバー)・・・元海兵隊で一流犯罪組織のリーダー。

 ストーリー

48分に1回銀行強盗が発生するといわれるロサンゼルス。ロサンゼルス郡保安局の重犯罪班を率いるニック・オブライエン(ジェラルド・バトラー)は多発する銀行強盗に日々立ち向かっていた。そんなある時、伝説の強盗と呼ばれるレイ・メリーメン(パブロ・シュレイバー)の一味が3000万ドルの銀行強盗を企てているとの情報が舞い込む。氷のように冷たく、恐ろしいほど冷静なレイに率いられた集団は、平凡な強盗団ではない。軍人のように正確に動き、緻密な計画を立て、熟練した人材を雇い入れる。ニックたちは徐々に一味を追い詰めていき、両者が対決する日は刻一刻と近づいていた。

(C)Motion Picture Artwork (C)2017 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 見所

アメリカの銀行強盗件数は5,546件(2011年FBI統計)。特に金曜日の午前中に多く発生する事がFBIのデータから明らかになっています。今回はアメリカ屈指の犯罪都市、カリフォルニア州ロサンゼルスを舞台に白熱したアクション映画をご覧あれ。

一年に2400回

週に44回

1日に9回

48分事に襲われる町

映画『ザ・アウトロー』

俺はつかまらねぇ(パブロ

手錠は用意してない(ニック

映画『ザ・アウトロー』

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です