【初めの娯楽堂】自由を求め旅するバイカー 映画『イージー・ライダー』を紹介、出演はピーター・フォンダ&デニス・ホッパー&ジャック・ニコルソン

 評価

評価 :4/5。

イージー・ライダー』(原題:Easy Rider)は、1969年公開のアメリカの青春アドベンチャー映画。日本では1970年に公開された。監督はデニス・ホッパー、出演はピーター・フォンダ&デニス・ホッパー&ジャック・ニコルソンなど。

 登場人物(キャスト)

ワイアット(ピーター・フォンダ)・・・本作のメインキャラクター。

ビリー(デニス・ホッパー)・・・本作のもう一人のメインキャラクター。ワイアットの相棒。

ジョージ・ハンセン(ジャック・ニコルソン)・・・弁護士。

 ストーリー

マリファナの密輸で大金を得たキャプテン・アメリカとビリーは時計を捨て、バイクを駆ける無計画なアメリカ横断の旅に出た。途中留置場に入れられる。そこで出会った弁護士ハンセンと意気投合する。釈放後3人はマリファナを吸い野宿しながら旅を続けるが、「自由」を体現する彼らは行く先々で沿道の人々の思わぬ拒絶に遭い、ついには殺伐としたアメリカの現実に直面する・・・。

Amazonプライムより

 裏ばなし

本作はピーター・フォンダデニス・ホッパーによるアメリカン・ニューシネマの代表作として名を馳せる。1970年代のアメリカの時代や文化を感じられるでしょう。

(wikiより)劇中に登場するバイクは、1965年型ハーレーダビッドソンでエンジンはパンヘッドと呼ばれるタイプ、排気量は1200ccである。フレームは当時としては斬新なフルメッキを施しており、リジッドでサスペンションが無い。ワイアットが乗っているチョッパーは、前輪ブレーキが装備されていない。劇中で登場していたマリファナは本物を使用していた。

1969年(第42回)アカデミー賞助演男優賞脚本賞にノミネートされた。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!