【初めの娯楽堂】麻薬捜査官と運び屋を描いたスペイン産 スリラー映画『ザ・トランスポーター』を紹介

 評価

評価 :4/5。

ザ・トランスポーター』(原題: El Niño)は、2014年公開のスペインのスリラー映画。監督はダニエル・モンソン、出演はアルバロ・アグスティン&ジスラン・バロワ&ボルハ・ペナ&エドモン・ロシュ。

 登場人物(キャスト)

エル・ニーニョ : (ヘスース・カストロ)・・・本作のメインキャラクター。退屈な事が嫌いで速い物には目が無い。

ヘスス(ルイス・トサール)・・・本作のもう一人のメインキャラクター。スペイン市警の刑事として極秘捜査を担当する。

エル・コンピ(ヘスース・カロサ)・・・ニーニョの親友。

アミナ(マリアン・バチール)・・・

 ストーリー

ニーニョは、親友のコンピと共に、海峡をまたぐ麻薬の運び屋の仕事を始めた。高速ボートを操り、次々と小さな仕事を成功させる2人だったが、ある日、一度に大金を稼ごうと大きな取引に手を出してしまう。

(c) 2013 el niño la pelicula, aie – la ferme! productions – tous droits réservés

 見所

スペインの麻薬密輸に手を出す若者たちの背景、密輸を水際で阻止しようとする警察のそれぞれをうまく描いている作品となっている。ぜひ、ご覧あれ。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!