【初めの娯楽堂】27歳で突然の余命宣告?! 映画『50/50 フィフティ・フィフティ』を紹介

もし突然の余命宣告を受けたら、「なんで?自分が」と思ってしまうでしょう。今回の映画はそんな不遇にも27歳という若さで“ガン”を宣告された青年が周りの人を巻き込み前向きに、時には葛藤と闘いながら病気と向き合っていく作品になります。

 出会い

酒もたばこもやらない“普通”の青年アダムに突然告げられた病気は“ガン”5年の生存率50%。

アダムの生活環境は一変。よそよそしい会社の同僚たち、看病の重圧に負けそうな恋人、同居を迫る世話焼きの母親…。病院へ行くようになったアダムはそこで同じ“ガン”と闘う患者と出会い新たな友情を深め、新米セラピストのキャサリンと出会い、手探りのカウンセリングを通して、“ガン”の日々を笑い飛ばそうとする。

 親友と家族

病気のアダムに気遣って誰も今までどおりに接してくれない!そんな中、女好きの親友カイルは“ガン”をネタにある事を提案する?!

刻一刻と迫る病気、次第に平穏な日常も遠のいていく。死を感じ、不安と恐怖が襲う。そんな時に支えてくれる人は一番近くにいる。

 希望

闘病生活も残り少し、生きるか死ぬかの手術が迫る。乗り越えなければ死んでしまう。そんな状況で取り乱してしまうことも多くなる。病気になってから様々な感情を抱きながらも「生きる」目的を見つける。

これからもよろしくお願いします!