【初めの娯楽堂】アメリカ第1偵察大隊が見たイラク侵攻 戦争ドラマ『ジェネレーション・キル』を紹介

 評価

評価 :3.5/5。

ジェネレーション・キル(Generation_Kill)は2008年公開のアメリカのテレビドラマシリーズ。監督はスザンナホワイトサイモンチェランジョーンズ、出演はスターク・サンズマーク・メンチャカジョンフエルタス&マイク・フィゲロア。製作費は5600万ドル。

 登場人物(キャスト)

ナサニエル・フィック中尉(スターク・サンズ)

マイク「ガニー」ウィン(マーク・メンチャカ)

アントニオ「ポーク」エスペラ(ジョンフエルタス)

レアンドロ軍曹(マイク・フィゲロア)

 ストーリー

ケーブルチャネルHBOは、イヴァン戦争の第1フェーズ中に米海兵隊の第1偵察大隊で埋め込まれたレポーターとしての彼の経験についてのエヴァンライトの本に基づいて、7部構成のミニシリーズに前進を与えました。このシリーズは、2003年3月下旬から4月上旬にかけてのイラク侵略の間に設定されます。ミニシリーズは、南アフリカモザンビークナミビアで2007年半ばから後半にかけての6か月の撮影で撮影されました。第一に求められる生産価値は、信頼性でした。[3] [4] [5]ミニシリーズは5600万ドルの予算で製造されました。[6]

wikiより

 見所

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!