【初めの娯楽堂】地獄から舞い降りた正義のヒーロー 映画『ヘルボーイ(2004)』を紹介、出演はロン・パールマン&セルマ・ブレア

 評価

評価 :3.5/5。

ヘルボーイ』(原題:Hellboy)は、2004年公開のアメリカのスーパーヒーロー映画。監督・脚本はギレルモ・デル・トロ、出演はロン・パールマン&セルマ・ブレアなど。マイク・ミニョーラ作のアメコミ『ヘルボーイ』の映像化作品。2作目『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』も公開された。

 登場人物(キャスト)

ヘルボーイ(ロン・パールマン)・・・本作の主人公。下界に召喚された悪魔。幼児の姿で現れ、怯えていたところをブルーム教授に保護された。

トレヴァー・ブルーム・ブルッテンホルム(ジョン・ハート)・・・ヘルボーイを育てた教授。

エリザベス・シャーマン(セルマ・ブレア)・・・ミュータント。念動発火を操る事が出来る女性。

エイブ・サピエン(ダグ・ジョーンズ)・・・青い半魚人。サイコメトリー能力を持つ。

グリゴリ・エフェモビッチ・ラスプーチン(カレル・ローデン)・・・“帝政ロシアの怪僧”として有名な実在の人物。ロマノフ王朝のオカルト・アドバイザー。

 ストーリー

1944年、第二次世界大戦における敗色が濃厚であった旧ドイツ軍は、形勢逆転のため「ラグナロク計画」を実行に移そうとしていた。しかしブルーム教授を含むアメリカ軍がこれを阻止、計画の中心人物であったラスプーチンは魔界への入り口に吸い込まれていった。だが、長時間に渡って魔界への入り口を開けていた結果、地上に悪魔の赤ん坊が迷い込む。ブルームは全身が真っ赤なこの赤ん坊を“ヘルボーイ”と名付け、育てる事を決意する。時は流れ60年後、ヘルボーイは超常現象調査防衛局(BRPD)のエージェントとして超自然的な存在と戦い続けていた。 ある日、博物館に強力な悪魔サマエルが出現。ヘルボーイは苦戦を強いられるもこれを撃退した。 その直後、ブルームは半魚人であるエイブ・サピエンが持つサイコメトリー能力により、ラスプーチンが復活した事を知る。ヘルボーイは事件を調べるうち、自身の出生の秘密と、巨大な右腕の意味を知る

Wikipediaより

 裏ばなし

本作は現在(2020/10/11)のアマゾンプライムにて配信されている作品とは違うので注意。そちらは2009年公開の作品。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です