【初めの娯楽堂】地獄からやって来た正義のヒーロー 映画『ヘルボーイ(2019)』を紹介、出演はデヴィッド・ハーバー&ミラ・ジョヴォヴィッチ

 評価

評価 :3/5。

ヘルボーイ』(原題:Hellboy)は、2019年公開のアメリカのスーパーヒーロー映画。監督はニール・マーシャル、出演はデヴィッド・ハーバー&ミラ・ジョヴォヴィッチ&イアン・マクシェーンなど。『ヘルボーイ』映画を、スタッフ・キャストを一新し、原作者のマイク・ミニョーラを監修に招いて制作された新たなストーリー作品。

 登場人物(キャスト)

ヘルボーイ(デヴィッド・ハーバー)・・・本作の主人公。下界に召喚された悪魔。幼児の姿で現れ、怯えていたところをブルーム教授に保護された。

トレヴァー・”ブルーム”・ブルッテンホルム教授(イアン・マクシェーン)・・・ヘルボーイを育てた教授。

ヴィヴィアン・ニムエ / ブラッドクイーン(ミラ・ジョヴォヴィッチ)・・・魔女。ヘルボーイを悪の王に迎え入れようとする。

アリス・モナハン(サッシャ・レイン)・・・

ベン・ダイミョウ少佐(ダニエル・デイ・キム)・・・

ロブスター・ジョンソン(トーマス・ヘイデン・チャーチ)・・・

レディ・ハットン(ソフィー・オコネドー)・・・

アーサー王(マーク・スタンリー)・・・

マーリン(ブライアン・グリーソン)・・・

ガネイダ(ペネロペ・ミッチェル)・・・

 ストーリー

人類への復讐心から地上を魔物の世界へ変えようと企む “ブラッドクイーン”こと最強の魔女ニムエ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。 極秘の超常現象調査防衛局(B.P.R.D.)の最強エージェント・ヘルボーイ(デヴィッド・ハーバー)は、 地球を守るべく決死の戦いを挑むが、 彼女の魔力により世界を滅亡させてしまうほどのパワーを手にいれてしまう。 世界は終焉を迎えるのか? ヘルボーイの運命は? やがてバトルは天変地異へとエスカレートする−。

(C) 2019 HB PRODUCTIONS, INC.ALL RIGHTS RESERVED.

 裏ばなし

本作はリブート作品になっていて今までの作品を見慣れている人にとってはキャストに違和感を覚えるはずです。それもそのはず、映画評価には酷評とされており、世間の目は厳しい。興行収入的にも制作費を上回ることができなかった為、失敗作と言える。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です