【初めの娯楽堂】警察も手出しできない強盗団の完全犯罪 映画『インサイド・マン』を紹介、デンゼル・ワシントン&クライヴ・オーウェン

 評価

評価 :4/5。

インサイド・マン』(原題: Inside Man)は、2006年公開のアメリカのクライム映画。監督はスパイク・リー、出演はデンゼル・ワシントン&クライヴ・オーウェンなど。

あなたにオススメの映画[ワード:強盗]

 登場人物(キャスト)

キース・フレイジャー(デンゼル・ワシントン)・・・本作のメインキャラクター。警察の交渉役(ネゴシエーター)。

ダルトン・ラッセル(クライヴ・オーウェン)・・・もう一人のメインキャラクター。強盗団のリーダー。

ビル・ミッチェル(キウェテル・イジョフォー)・・・フレイジャーの相棒。

マデリーン・ホワイト(ジョディ・フォスター)

アーサー・ケイス(クリストファー・プラマー)

ジョン・ダリウス(ウィレム・デフォー)

 ストーリー

【アカデミー賞に輝く最高の豪華スター結集!驚愕のサスペンス巨編!!】 全米No.1ヒット!予測不可能な衝撃の結末!! マンハッタンの銀行で強盗事件が発生!頭脳明晰な犯人グループのリーダー、ダルトンは人質全員に自分達と同じ格好をさせ捜査を撹乱する。交渉の糸口が見つからず当惑する捜査官フレイジャー。「奴らの目的は何なのか?何かがおかしい・・・」。女弁護士ホワイトが犯人との交渉役として現れる。前代見聞の“完全犯罪”の謎とは―! ●デンゼル・ワシントン、ジョディ・フォスター、クライブ・オーウェンなど、ハリウッド最強スター陣、豪華競演!!

Amazonプライムより

 作品の豆知識

本作の監督であるスパイク・リーは以前紹介した映画『ブラック・クランズマン』を監督した人物です。

『インサイド・マン2』2019年にはMJ・バセットが監督、アムル・アミーンが主演で続編が作られた。

本作はどこか見覚えのあるストーリーと感じましたがこれは恐らく映画『バンク・ジョブ』に近い物があります。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です