【初めの娯楽堂】全米で話題を呼んだバットマンシリーズの悪党の誕生秘話 スリラー映画『ジョーカー』を紹介、出演はホアキン・フェニックス&ロバート・デ・ニーロ

 評価

評価 :3.5/5。

ジョーカー』(原題:Joker)は、2019年公開のアメリカのスリラー映画。監督はトッド・フィリップス、出演はホアキン・フェニックスロバート・デ・ニーロなど。本作では「バットマンシリーズ」に登場する悪党、ジョーカーの誕生に至るまでが描かれる。

(以下wikiより)劇場公開当時のキャッチコピーは「本当の悪は笑顔の中にある」。

 登場人物(キャスト)

wikiより

アーサー・フレック / ジョーカー(ホアキン・フェニックス)・・・本作の主人公。精神的な問題や貧困に苦しみながらも、スタンダップコメディアンを目指している道化師。病気を抱える母の面倒を見る心優しい男だったが、次第に常軌を逸した行動を取るようになる。

wikiより

マレー・フランクリン演(ロバート・デ・ニーロ)・・・人気トーク番組「マレー・フランクリン・ショー」の司会者。

ソフィー・デュモンド(ザジー・ビーツ)・・・アーサーと同じアパートに住む女性。

 ストーリー

売れないコメディアンのアーサー・フレックが暴漢に遭遇したのは、ゴッサムシティの街を道化姿でさまよっていたときだった。社会から見捨てられたフレックは徐々に狂気への坂を転落してゆき、やがてジョーカーという名のカリスマ的な犯罪者へと変貌を遂げる。トッド・フィリップス監督が放つ、衝撃のサスペンス・エンターテイメント!

Rating R15+ TM & (C) DC. Joker (C) 2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

 見所

精神異常、緊迫した家庭、主人公アーサーの次第に明らかになる過去そして現在、異常犯罪者ジョーカーが誕生するまでを丁寧に描いた本作は今までの犯罪映画、スリラー映画とは違う犯罪者の素顔に迫った見応えのある映画となっている。ぜひ、ご覧あれ。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!