【初めの娯楽堂】年上の男性に想いを寄せる女子高生 アニメ『恋は雨上がりのように』を紹介、声優は渡部紗弓&平田広明

 評価

評価 :3.5/5。

恋は雨上がりのように』は、2018年公開の日本の青春恋愛アニメ。眉月じゅんの漫画を原作としたアニメ作品。監督は渡辺歩、声優は渡部紗弓平田広明など。

 登場人物(声優)

橘 あきら(渡部紗弓)・・・本作の主人公。高校二年生で、ファミレスでウェイトレスのアルバイトをしている。

近藤 正己(平田広明)・・・主人公あきらのバイト先の店長。45歳のバツイチで妻との間に一人の息子がいる。

加瀬 亮介(前野智昭)・・・男性アルバイト。大学生でイケメン風の顔立ち。

 ストーリー

陸上部のエースだったが怪我で走ることをやめてしまった橘あきら(17歳)と、夢を諦めた過去を持つあきらのバイト先、ファミレス「ガーデン」の店長・近藤正己(45歳)。海辺の街を舞台に、青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなすものがたり。 胸が熱くなる瞬間を、本当は誰だって待ってる–。

(C)眉月じゅん・小学館/アニメ「恋雨」製作委員会

 裏ばなし

本作は同名で実写映画化されており、大泉洋&小松菜々を主演に公開されています。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です