【初めの娯楽堂】史上最大の同時多発テロから大統領を守り切れ 映画『エンド・オブ・キングダム』を紹介、出演はジェラルド・バトラー&アーロン・エッカート

 評価

評価 :3.5/5。

エンド・オブ・キングダム』(原題: London Has Fallen)は、2016年公開のアメリカのアクション・スリラー映画。監督はババク・ナジャフィ、出演はジェラルド・バトラー&アーロン・エッカート&モーガン・フリーマンなど。2013年公開の映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』のシリーズ2作目続編。

 登場人物(キャスト)

マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)・・・本作のメインキャラクター。シークレットサービス。

ベンジャミン・アッシャー(アーロン・エッカート)・・・本作のもう一人のメインキャラクター。アメリカ大統領。

アラン・トランブル(モーガン・フリーマン)・・・アメリカ副大統領。

リン・ジェイコブス(アンジェラ・バセット)・・・長官。

エドワード・グレッグ (ロバート・フォスター)・・・将軍。

DC・メイソン(ジャッキー・アール・ヘイリー)・・・次席補佐官。

ルース・マクミラン(メリッサ・レオ)・・・国防長官。

レイ・モンロー(ショーン・オブライアン)・・・国家安全保障局副長官。

リア・バニング(ラダ・ミッチェル)・・・

ジャクリーン・マーシャル(シャーロット・ライリー)・・・MI6捜査官。

ジョン・ランカスター(パトリック・ケネディ)・・・MI5長官。

ケビン・ハザード(コリン・サーモン)・・・警視総監。

 ストーリー

ホワイトハウス陥落の悪夢から2年。イギリスの首相が不可解な死を遂げた。首都ロンドンで行われる葬儀は、世界を代表する40ヵ国もの首脳が集結する式典となる。街は、史上最大の超厳戒態勢にあった。だが、そのロンドンで同時多発テロが勃発。数々の歴史的建造物が崩壊し、犠牲者が出続ける中、命からがら逃げ出した米国大統領とそのシークレットサービス。非常事態宣言下のロンドンの街で繰り広げられるまいまだかつてない決死の逃亡と救出劇。世界の未来は、この男たちに託された!

Rating PG12 (C) LHF Productions, Inc. All Rights Reserved.

 裏ばなし

本作は『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013年)の続編という事でシリーズ2作目となりました。しかしながら、さらにシリーズ3作目の『エンド・オブ・ステイツ』(2019年)が公開されました。今までよりも激しさがましてさらにアクションは過激になっていきます。

作中にはストーリー上多くの国(日本を含む)の政治家が殺される設定になっているので観ていて楽しいものではないのでそれを踏まえた上でご覧ください。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です