【初めの娯楽堂】ネイビー・シールズ史上最大の悲劇、レッド・ウィング作戦 映画『ローン・サバイバー』を紹介、出演はマーク・ウォールバーグ&テイラー・キッチュ

 評価

評価 :4/5。

ローン・サバイバー』(原題: Lone Survivor)は、2013年公開のアメリカの戦争映画。元SEAL隊員マーカス・ラトレルの手記『アフガン、たった一人の生還』を原作に映画化。監督はピーター・バーグ、出演はマーク・ウォールバーグ&テイラー・キッチュなど。

アメリカが誇る精鋭特殊部隊ネイビー・シールズによるアフガニスタンにおけるターリバーン指導者暗殺作戦中に起きた、ネイビー・シールズ史上最大の悲劇といわれるレッド・ウィング作戦。

 登場人物(キャスト)

マーカス・ラトレル(マーク・ウォールバーグ)・・・本作の主人公。レッド・ウィング作戦の唯一の生存者。

エリック・クリステンセン(エリック・バナ)・・・レッド・ウィング作戦の指揮官。階級少佐。

マイケル・マーフィ(テイラー・キッチュ)・・・レッド・ウィング作戦に参加した隊員。階級大尉

ダニー・ディーツ(エミール・ハーシュ)・・・レッド・ウィング作戦に参加した隊員。

マシュー・アクセルソン(ベン・フォスター)・・・レッド・ウィング作戦に参加した隊員。

グーラーブ(アリ・スリマン)・・・

シェーン・パットン(アレクサンダー・ルドウィグ)・・・

ハスラート(ジェリー・フェレーラ)・・・

アフマド・シャー(ユセフ・アザミ)・・・

 ストーリー

<ひとりでは、生き残れなかった。>作戦に参加した4人のシールズは、アフガンの山岳地帯での偵察任務中、ある「決断」により200人超のタリバン兵の攻撃にさらされる。それは世界一の戦闘能力を誇る隊員たちも死を覚悟する絶望的な状況だった。しかし、あるひとりの兵士がその極限状況を生き延び、奇跡の生還を果たす。いったい彼は、どうやって4人対200人超の過酷な戦場をサバイブすることができたのか?

Amazonプライムより

 見所

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です