Googleやintelから学ぶ人生を成功に導く方法。目標達成のマネジメントOKR導入のススメ、ビジネス書『Measure What Matters 』

本記事ではビジネス書『Measure What Matters 伝説のベンチャー投資家がGoogleに教えた成功手法 OKR (メジャー・ホワット・マターズ)』を読み、会社の経営のみならず人生においても役立たせると思い、その内容を大まかに紹介しつつ自分の為にアウトプットするに至りました。

全てを載せることはできませんが興味を持って本を手に持っていただければ嬉しいです。

本書の内容はわかりやすく言うとOKRと呼ばれる目標達成マネジメントを説いているビジネス書になります。

正直な事を言うとこの本を読み終わるにはかなりの根気が必要です。この本が一般大衆受けしないのは一般的に聞かない言葉がカタカナでふんだんに使われている事にあります。

アラインメントやスプレットシート、トラッキング、コミット、コントリビューター、エンゲージメントなど英語を理解している人や経営に携わっている方ならわかるでしょうが、カタカナ英語で表記する事によって読む人が狭められている本になっています。

内容は非常に素晴らしいですが、多くの人が手に取りづらいものとなっているように感じました。

 OKRとは?

Objectives(目標):重要であり具体的で明確な行動を促すもの

適切な目標を設定する事は曖昧な思考&業務を防ぐのに大切。

Key Results(主要な結果):目標が明確に達成出来ている事が判断できる項目を用意する。

検証可能であり、測定可能であること。数字を用いる事でグレーゾーンや疑問の隙を与えないのが大切。

※OKRの始まりはピーター・ドラッカー(アメリカの教育者)が提唱したMBO(目標の管理)手法が原型。

例えば恋愛に当てはめてみたり

Objectives(目標):少なくとも2021年末までに意中の人と親密になりデートをする。

Key Results(主要な結果):1、意中の人と二人だけで3回以上デートする。2、1日の中で一緒にいる時間を増やす。3、告白をして付き合う。

例えば勉強に当てはめてみたり

Objectives(目標):期末テストで学年上位5位内に入る。

Key Results(主要な結果):1、全教科100点を取れるだけの予習・復習をする。2、苦手な分野を重点的に勉強して100%理解する。3、テスト範囲を網羅して順序立てて時間を有効にして勉強する。

日本のトップ大学、東大に合格する学生たちは『自分はどんな目標のために、どんな勉強をすればいいのか』

目標が明確であり、数値に落とし込む事をしているのです。

 OKRを導入する企業の特徴

『機敏さとチームワークが成功の絶対条件とされるテクノロジー業界』

OKRは企業のマネジメントのみならず人生においても有効活用できるので向上心のある人であれば本書は大きなヒントを与えてくれるでしょう。

 OKRは具体性のある困難な目標を設定する

『困難』な目標を設定する

困難な目標を設定する理由は、楽な目標よりもパフォーマンスを高めるのに有効。

『具体性』のある目標を設定する

曖昧な目標よりも具体性のある目標の方がアウトプットの水準が高くなる。

だから、目標を設定するのに大切なのは具体性のある困難な目標を設定する事なのです。

 OKR導入のススメ

焦点を合わせて関与する・・・優先事項を絞る、リーダーは言葉と行動で支持する。

意識を合わせて連携する・・・ビジョンを合わせる、組織の階層を超えた水平的連携をとる。

追跡評価する・・・設定した内容を見直し改良し状況変化に適合させる、客観的&主観的視点から採点する。

成果に向けて高みの挑戦をする・・・目標を賢く設定しリスク以上の見返りを得る。

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です