【ちょっと得する大人の雑学】書けると格好良い漢字&使えると知識人

初めにこのページを作るにあたって伝えておきたい事は、私が現在生活している環境で出会った言葉を中心に紹介していると言う点です。

理解していただくためには私が置かれている現在の状況を簡単に説明します。

現在は工場で期間従業員と言う定職に付かず、とりあえず生きていくために働いていると言う中。

地元から離れ単身で新転地に移り、表面上での遊びに行ったりというのはありますが、元から人と仲良くなるまで時間のかかる人間なので打ち解ける人が一人くらいしか居ない環境で今の自分をメンタルの面で支えとなっているのは本という紙の束です。

水に濡れるとふやけ、手汗を吸うとよれて軟弱ですが私のメンタルも紙のように脆く繊細な部分があります。

と、そんな環境の中で出会った本の中で興味を持った言葉やその他ふとした時に出会った言葉を抜き出してここで皆さんに共有したいと思い始めます。

 本『日本人は豚になる』に関連して出会った言葉

2021/10/14

恩寵(おんちょう)・・・神や君主の恵。

牙城(がじょう)・・・城でいう本丸。主将のいるところ。

耽読(たんどく)・・・夢中になって読むこと

常套句(じょうとうく)・・・決まり文句

バチルス・・・ドイツ語で”細菌”などを意味する。

アイロニカル・・・皮肉っぽい

イデオロギー・・・人間の行動原理。人間の行動を決定する、根本的な物の考え方の体系。

隠遁(いんとん)・・・世俗、俗世間から離れて生活すること。

養生訓(ようじょうくん)・・・心身の健康と長寿を保つ養生法。

奇矯(ききょう)・・・行動・思想傾向が普通の人とは変わっていて激しいこと。

籠り(こもり)・・・閉じこもること。

泰平無事(たいへいぶじ)・・・世の中が穏やかに治まっていて事変のない事。『日本人は豚になる』の本書内に書かれていた四字熟語ですがネットで検索すると『太平無事』が一般の様。

エゴ・・・ラテン語で”自我”を意味する。自分の利益だけ重んじる考え。自分本位の考え方。

サガ(性)・・・生まれつきの性質。持って生まれた性分。

羞恥心(しゅうちしん)・・・恥ずかしく感じること。

アナーキズム・・・国家を不必要で有害なものとして考える思想。

刹那(せつな)・・・瞬間。

ペシミスティック・・・この世界は悪と悲惨に満ちている。

厭世主義(えんせいしゅぎ)・・・ペシミズム。物事を悲観的に考える。悲観主義。

pessimum・・・ラテン語で”最悪のもの”。

白痴(はくち)・・・知能がひどく遅れている者。

撒水車(さっすいしゃ)・・・水を撒く装置を備えた車両。

センチメンタル・・・ちょっとした事にも感じやすいさま。

パセティック・・・哀れな、無残な。

抒情的(じょじょうてき)・・・感情が外に現れるような様子。

欺瞞(ぎまん)・・・人の目をごまかし、だますこと。

諫死(かんし)・・・死んで諌(いさ)めること。

匹夫(ひっぷ)・・・道理をわきまえない身分の低い男。

煩悶(はんもん)・・・心を痛め悶える、悩み苦しむ。

怨恨(えんこん)・・・うらむこと。

敷衍(ふえん)・・・難しい部分をやさしく言い換えたり詳しく述べたりする。

嚥み(のみ)・・・

孰れ(いづれ)・・・

縊って(くくって)・・・

嘲笑(ちょうしょう)・・・あざ笑うこと。相手を見下したりバカにしたりした笑い。

肯はない(うべなはない)・・・もっとも、いかにも。

巧緻(こうち)・・・きめ細かく上手にできていること。

媚態(びたい)・・・男に媚びる女のなまめかしい態度。他人の機嫌を取ろうとして媚びへつらうこと。

咎める(とがめる)・・・悪いこと、望ましくないこと。

気障(キザ)・・・言動や態度に気取っている様子。嫌な感じがするさま。

合槌(あいづち)・・・

可哀想(かわいそう)・・・

喋る(しゃべる)・・・

概念(がいねん)・・・ある事物の共通する性質を抜き出し、それらを総合して構成する普遍的な表像。

啓蒙主義・・・人々に新しい知識を与え、知的水準を高める。

偏頗(へんぱ)・・・考え方や立場などが一方に偏っていること。不公平なこと。

瑣末(さまつ)・・・さして重要でないこと。取るに足りないこと。

瑣格刺底(ソクラテス)

ソクラテスって漢字で書くと刺々しい漢字になります。ソクラテスを漢字で書こうなんて思うやつは少ないと思いますが。

葉隠(はがくれ)・・・草木の葉の間に隠れること。

ルサンチマン・・・恨み、怨念(おんねん)。ニーチェの用語。

見做す(みなす)

煩瑣(はんさ)・・・こまごまとして煩わしいこと。

漸く(ようやく)・・・待ち望んだ末に実現するさま。

如き(ごとき)・・・『〜のような』

揮って(ふるって)・・・思うままに使いこなして、そのものの持つ能力を最大限動かすこと。

断固&断乎(だんこ)・・・物事を固い決意を持って行うさま。

 本『LOVE理論』に関連して出会った言葉

燦々(さんさん)・・・美しく光り輝くさま。

掌底(しょうてい)・・・相手を叩くわざ。

覆る(くつがえる)・・・ひっくり返す。上下を逆にする。

按配(あんばい)・・・程よく物事を処理する。

蔑ます(さげすます)・・・軽蔑。見下すこと。

辱める(はずかしめる)・・・恥ずかしい思いをさせる。

神髄(しんずい)・・・物事の最も肝心な点。

 本『ロビンソン・クルーソー』に関連して出会った言葉

悲嘆の淵(ひたんのふち)・・・苦しい境遇。

狼狽(ろうばい)・・・あわてふためく事。

開闢(かいびゃく)・・・この世の始まり。創世。

反駁(はんばく)・・・他人の主張・批判に言い返す事。則ち反論。

痙攣(けいれん)・・・筋肉の収縮によるもの。

聳え(そびえ)・・・一際高く立つこと。

孤立無援(こりつむえん)・・・仲間もなく、助けてくれる者がいないこと。

天真爛漫(てんしんらんまん)・・・心の中が素直に表れている事。

豪放磊落(ごうほうらいらく)・・・度量が大きく快活で、小さなことにこだわらない様。

度量・・・物差し、枡。心の広がり。人の言動を受け入れる寛容な性質。

鍬(くわ)・・・土を掘り起こす道具。

鋤(すき)・・・地面を掘ったり土砂を掻き寄せたりする道具。

篩(ふるい)・・・特定の紛粒状個体を選別するのに使う道具。

ペリアグア・・・カリブ語で丸木船を指す。大きな木をくり抜いて作る。

悲嘆(ひたん)・・・悲しみ嘆くこと。

これからもよろしくお願いします!