【初めの娯楽堂】誰でも一度は死にたがる… 映画『ネガティブハッピー・チェンソーエッヂ』を紹介、出演は市原隼人&関めぐみ&浅利陽介&三浦春馬

 評価

評価 :3/5。

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』は、2008年公開の日本のSF青春映画。角川書店から発行されている滝本竜彦の小説、およびそれを原作としたラジオドラマ作品・漫画作品・映画作品。監督は北村拓司、出演は市原隼人関めぐみ浅利陽介三浦春馬など。

 登場人物(キャスト)

山本陽介(市原隼人)・・・本作の主人公。不良高校生の二年生。

雪崎絵里(関めぐみ)・・・本作のヒロイン。チェーンソー男と戦う日々を送る女子高校生。

渡辺(浅利陽介)・・・主人公、陽介の友人。

能登(三浦春馬)・・・陽介・渡辺の友人。

下裕美(野波麻帆)・・・下宿のお姉さん。

加藤(板尾創路)・・・担任の先生。

 ストーリー

平凡な高校生山本陽介の前に現れた制服の美少女・雪崎絵理。彼女が夜な夜な戦うのはチェーンソーを振り回す不死身の男。何のために戦っているのか分からない。が、とにかくヤツを倒さねば俺たちに明日は来ない!らしい。

Amazonプライムより

 裏ばなし

たまたま、本作を見つけて視聴してみたところ。2020年に亡くなった三浦春馬さんが出演しており。本作の金髪姿をみて、どこか映画『恋空』のキャラクターなど出演作を懐かしむ事ができました。

本作は原作が小説という事で映画では描かれていない場面があるので気になる方は書籍も揃えてみてはいかがでしょうか。私は本屋で探したいと思います。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です