【初めの娯楽堂】人の温もりと愛を感じる 感動映画『ニューシネマ・パラダイス』を紹介、出演はサルヴァトーレ・カシオ&フィリップ・ノワレ

 評価

評価 :4/5。

ニュー・シネマ・パラダイス』(原題: Nuovo Cinema Paradiso)は、1988年公開のイタリアのヒューマンドラマ。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、出演はサルヴァトーレ・カシオフィリップ・ノワレなど。

(以下wikiより)映画の内容と相まってエンニオ・モリコーネ音楽がよく知られている。

 登場人物(キャスト)

サルヴァトーレ・ディ・ヴィータ(サルヴァトーレ・カシオ)

アルフレード(フィリップ・ノワレ)

エレナ(アニェーゼ・ナーノ)

マリア(アントネラ・アッティーリ)

 ストーリー

中年を迎えた映画監督が、映画に魅せられた少年時代の出来事と青年時代の恋愛を回想する物語。感傷と郷愁、映画への愛情が描かれた作品である。

wikiより

 見所

アルフレードがトトに対して村を出る事を勧める『ここにいると自分が世界の中心だと感じる、何もかも不変だと感じる、だが、ここを出て2年もすると何もかも変わっている頼りの糸が切れる、会いたい人もいなくなってしまう』

『一度村を出たら 長い年月帰るな 年月を経て帰郷すれば 友達や懐かしい土地に再開できる』

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!