【初めの娯楽堂】100万円で各地を転々とする 映画『百万円と苦虫女』を紹介、出演は蒼井優&森山未來

 評価

評価 :3.5/5。

百万円と苦虫女』は、2008年公開のロードムービー。監督はタナダユキ、出演は蒼井優森山未來ピエール瀧佐々木すみ江齋藤隆成など。

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

 登場人物(キャスト)

佐藤鈴子(蒼井優)・・・本作のヒロイン。

佐藤拓也(齋藤隆成)・・・鈴子の弟。

藤井春夫(ピエール瀧)・・・山あいの村で出会った桃農家の長男。気の利く優しい男。

白石(笹野高史)・・・喫茶店のマスター。

中島亮平(森山未來)・・・大学生・ホームセンターでの同僚。

ユウキ(竹財輝之助)・・・海の家でナンパしてきた男

 ストーリー

鈴子は短大を卒業して就職もできずに、しかたなくアルバイト生活を送っているどこにでもいる女の子。どうにかしてこの生活を変えようと考えている中、ひょんな事件に巻き込まれてしまう。 「百万円貯まったら、この家を出て行きます!」 と家族に宣言し、百万円を貯めるたびに次から次へと引越しをして、1人で生きて行く決心をする。 行く先々の街で様々な人たちと出会い、笑ったり、怒ったり、素敵な恋をしながら、自分だけの生き方を見つけてゆく女の子の旅物語。

(c) 2008「百万円と苦虫女」製作委員会

 裏ばなし

本作の興行収入は3億円だという。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です