【初めの娯楽堂】かわいいが取り柄の女の子 映画『おんなのこきらい』を紹介、出演は森川葵&木口健太&谷啓吾

 評価

評価 :3.5/5。

おんなのこきらい』は、2014年公開の日本の恋愛映画。監督は加藤綾佳、出演は森川葵&木口健太&谷啓吾など。

 登場人物(キャスト)

和泉キリコ(森川葵)・・・本作のヒロイン。過食症の女性。

高山幸太(木口健太)・・・物静かな男性。

ユウト(谷啓吾)・・・バーテンの従業員。

さやか(井上早紀)・・・バーテンの従業員。

ケンジ(松澤匠)・・・バーテンの従業員。

茜(加弥乃)・・・

 ストーリー

とにかくかわいい事だけが取り柄のOLキリコはかわいい食べ物を過剰摂取しては吐く、過食症の女の子。職場の男達にはちやほやされ、女の子には嫌われているが、女の子の価値は可愛いことがすべてと信じて日々を送るキリコには何も怖い物はない。彼女は果たして本当の幸せを掴みとれるのか…?

(c)2014 GOLD FISH FILMS / MOOSIC LAB

 裏ばなし

何か惹きつけられる魅力があるのか、また見たくなってしまう本作。森川葵の演技力、それと役の個性が非常に強い所が見入ってしまう理由なのか。

本作品は音楽と映画の融合を目指した映画祭において製作された作品でもあり、注目して欲しいのは映画以外にもエンディングに出てくる音楽グループふぇのたすである。楽曲「女の子入門」から着想を得たという事も面白い話になっている。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です