【初めの娯楽堂】これが男子高校生の恋愛奮闘劇だ! 映画『虹色デイズ』を紹介、出演は佐野玲於&中川大志&高杉真宙など

 評価

評価 :4/5。

虹色デイズ』は、2018年公開の日本の青春学園映画。学園のコメディ要素に加え、恋愛の駆け引きを組み合わせた作品。監督は飯塚健で、根津理香と共に脚本も担当。出演は佐野玲於中川大志高杉真宙横浜流星など。

 登場人物(キャスト)

羽柴夏樹(佐野玲於)・・・本作のメインキャラクター。恋に奥手な男子高校生。

松永智也(中川大志)・・・本作のメインキャラクター。女子に目が無いチャラい男子高校生。

直江剛(高杉真宙)・・・本作のメインキャラクター。コスプレ好きのオタクな面を持つ男子高校生。後述する浅井幸子と共通の趣味を持つ。

片倉恵一(横浜流星)・・・本作のメインキャラクター。言葉のSっ気の強い男子高校生。

小早川杏奈(吉川愛)・・・ゆるふわ系の落ち着いた女子高校生。

筒井まり(恒松祐里)・・・男子の前では高圧的で気の強い女子高校生。

浅井幸子(堀田真由)・・・コスプレ好きの女子高校生。誰に対しても明るい性格の持ち主。

千葉黎子(坂東希)・・・女子力高めの女子高校生。バレー部所属。

筒井昌臣(山田裕貴)・・・筒井まりの兄。

田渕先生(滝藤賢一)・・・クラスの担任。

 ストーリー

なっちゃん(佐野玲於)&まっつん(中川大志)&つよぽん(高杉真宙)&恵ちゃん(横浜流星)は、性格も趣味もちがうけど、いつも一緒な仲良し高校2年生。学校でも放課後でも、みんなで楽しい毎日を過ごしていた。ある日、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想い!連絡先も交換できないなっちゃんを冷やかしながらも応援する仲間たち。そんな彼らにも変化があらわれ…。

(C)2018「虹色デイズ」製作委員会 水野美波/集英社

 見所

本作の見所は二つ。まず一つに、恋に飢えた男子高校生の奮闘する姿。男女共学の学校に通う男子であるのならば感じれる想いをうまく描いています。それがこの作品の親しみと、どこか懐かしみを持てる見所です。

二つ目にメインキャラクター、男子高校生4人の個性の豊さ。観る人にとっては感情移入できるキャラクターが居る事で作品にのめり込む事ができます。なのでちょっと癖の強いキャラクターが多いなと思いつつもどこか自分と似ている部分を探しながら高校生の初々しさを楽しめるのでここが二つ目の見所となっています。

三つ目は登場人物の配役の良さ。これは現在の売れている俳優や女優が出演している事が大きく関係しています。顔立ちがよく明るいキャラクターが多い事もあって現実離れしている感じもありますが、これは映画であり現実には難しい部分を作り出せるのでこれが逆に良いのです。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!