【初めの娯楽堂】江戸時代の参勤交代を題材にした 映画『超高速!参勤交代』を紹介、出演は佐々木蔵之介&深田恭子

 評価

評価 :3.5/5。

超高速!参勤交代』(ちょうこうそく さんきんこうたい)は2014年公開の日本映画。監督は本木克英、脚本は土橋章宏。出演は佐々木蔵之介深田恭子伊原剛志寺脇康文上地雄輔知念侑李

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

 登場人物(キャスト)

内藤政醇(佐々木蔵之介)・・・本作の主人公。根っからのお人よしで、気前が良すぎて相馬によく小言を言われるが、後でそれが危機を救うこととなる。

お咲(深田恭子)・・・飯盛女(めしもりおんな)または飯売女(めしうりおんな)は、近世(主に江戸時代を中心とする)日本の宿場に存在した私娼である。宿場女郎(しゅくばじょろう)ともいう。

荒木源八郎(寺脇康文)・・・家来衆のリーダーであり、怒りっぽい性格。

秋山平吾(上地雄輔)・・・冷静で理論派。今回の参勤交代には反対派。

 ストーリー

江戸期、八代将軍・徳川吉宗の時代。1万5千石の小藩・磐城国湯長谷藩に存在するという金山略奪を狙い、江戸幕府が無理難題を吹っ掛ける。「5日以内に参勤交代しなければ、藩を取り潰す!」。金も時間もない湯長谷藩。参勤交代を果たし、無事に藩を守ることができるのか?!通常ならば、準備に半年、8日はかかる道のり・・・しかも貯えも尽きている。しかしこの命令に従わなければ藩はお取り潰しに!藩主・内藤政醇は、忍び雲隠段蔵を道先案内役として雇い、家臣の精鋭6名を引き連れ、道中人のいないところでは山道を駆け抜ける奇想天外な作戦にでる。しかし、老中・松平信祝も刺客の忍びを雇い、参勤交代の邪魔をもくろんでいた。金に目が眩んだ幕府に立ち向かい”とんでもない”知恵を使って参勤交代を達成しようとする貧乏小藩が巻き起こす、究極の痛快歴史エンターテインメントが誕生した!

(C)2014「超高速!参勤交代」製作委員会

 見所

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!