【初めの娯楽堂】奇想天外な探偵が事件を解決へ導く 映画『シャーロック・ホームズ』の魅力を紹介

 評価

評価 :3.5/5。

本作のシャーロック・ホームズ役に『アイアンマン』『アベンジャーズ』に登場したロバート・ダウニー・Jrが演じる。2009年の英米合作のアクションミステリ映画であり、サー・アーサー・コナン・ドイルが創造した同名のキャラクターを基にしている。(wikiより)

 登場人物(キャスト)

wikiより

シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)・・・普通の人とはかけ離れた思考の持ち主。私立探偵を仕事とする。

wikiより

ジョン・ワトソン(ジュード・ロウ)・・・ホームズの相棒で外科医。

wikiより

アイリーン・アドラー(レイチェル・マクアダムス)・・・プロの泥棒。ホームズの一枚上手だったりする。

wikiより

ヘンリー・ブラックウッド卿(マーク・ストロング)・・・黒魔術を使う貴族。

wikiより

メアリー・モースタン(ケリー・ライリー)・・・ワトソンの婚約相手。

 ストーリー

私立探偵のシャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)は相棒のジョン・ワトソン(ジュード・ロウ)と共に依頼の事件に捜査に出る。そこで浮かび上がった犯人は5人の女性を儀式で殺害したブラックウッド卿(マーク・ストロング)であった。事件は収束していくように見えたが、数ヶ月後に3人の犠牲者が出る事で徐々に事件の闇が深まっていく・・・。

 見所

ホームズの格闘シーンではスローモーションで予めの予測を写す所は一風変わった方法となっているがそこが逆に良かったりもする。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!