【初めの娯楽堂】しがない主人公に待ち受ける未来とは? アニメ『イエスタデイをうたって』の魅力を紹介

 評価

評価 :3/5。

大学卒業後は就職をせずにアルバイトのコンビニで働く主人公、魚住陸生(ウオズミ リクオ)は仕事、恋に中途半端な人生に焦りを感じつつも、日々淡々と過ごしていた。そんな日も徐々に変化していく仕事と恋の模様を描いたヒューマンストーリー。

 登場人物(声優)

魚住陸生(小林親弘)・・・大学を卒業しても、就職しなかった。現在バイトで生活するフリーター。

野中 晴(宮本侑芽)・・・カラスをつれた不思議な少女。主人公に片想い。

森ノ目 榀子(花澤香菜)・・・主人公と大学で同期だった。現在は金沢から東京にやってきて高校の教師を務める。

早川 浪(花江夏樹)・・・榀子を追いかけるように金沢から上京してきた幼馴染みの少年。

 ストーリー

大学卒業後は就職をせずにアルバイトのコンビニで働く主人公、魚住陸生(ウオズミ リクオ)は仕事、恋に中途半端な人生に焦りを感じつつも、日々淡々と過ごしていた。そんなある日、バイト先のコンビニに大学の同期である森ノ目 榀子がやってくる。話を聞くと大学卒業後は金沢の学校で非常勤講師をしていたが東京に空きが出た為やってきたのだという。学生の頃を懐かしみつつ次第に陸生は榀子へと想いをよせていく・・・が。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!