【初めの娯楽堂】シリアルキラーを追う少年達 映画『サマー・オブ・84』を紹介、出演はグラハム・ヴァーチャー&ジュダ・ルイス&ティエラ・スコビー

 評価

評価 :4/5。

サマー・オブ・84』(原題:Summer of 84)は、2018年公開のカナダ・アメリカのサイコスリラー映画。 監督はフランソワ・シマールとアヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセル、出演はグラハム・ヴァーチャー&ジュダ・ルイス&ティエラ・スコビーなど。 

 登場人物(キャスト)

デイビー(グラハム・ヴァーチャー)・・・本作の主人公。エイリアン未解決事件などに興味がある少年。

イーツ(ジュダ・ルイス)・・・やんちゃな少年。

ウッディ(ケイレブ・エメリー)・・・ぽっちゃりしている少年。

ファラデイ(コリー・グルーター=アンドリュー)・・・メガネをかけた少年。

ニッキー(ティエラ・スコビー)・・・デイビーが想いを寄せる少女。

マッキー(リッチ・ソマー)・・・近所に住む警察官。

ランドール(ジェイソン・グレイ=スタンフォード)・・・デイビーの父。

 ストーリー

1984年、オレゴン州イプスウィッチ。緑豊かな郊外の住宅街で暮らすデイビーは、エイリアン、幽霊、猟奇犯罪などの記事の収集に余念がない少年だ。そんな彼の15歳の夏に、近隣の町で同年代の子供たちばかりが狙われる連続殺人事件が発生。その犯人が向かいの家に住む警官マッキーではないかとにらんだデイビーは、親友のイーツ、ウッディ、ファラディとともに独自の捜査を開始する。はたしてデイビーの推理は正しいのか、それとも行きすぎた空想なのか。やがてデイビーの行く手に待ち受けていたのは、彼の想像をはるかに超えた恐ろしい現実だった……。

Amazonプライムより

 裏ばなし

1984年のアメリカの郊外住宅地を舞台に、近隣で発生した連続殺人事件の犯人探しに夢中になる少年たちの危険な冒険をノスタルジックに描いているがどこかスタンドバイミーを彷彿とさせる。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です