【初めの娯楽堂】誰もが通った青春の一コマを綴る 青春映画 『スクール・デイズ』を紹介、出演はエド・ハリス

 評価

評価 :4/5。

スクールデイズスクール・デイズ(原題:THAT’S WHAT I AM)は2011年公開のアメリカ映画のヒューマンドラマ。監督&脚本はマイケル・パヴォネ、出演はエド・ハリスモリー・パーカーエイミーマディガン

 登場人物(キャスト)

Simon(エド・ハリス)・・・先生。

ニコル(モリー・パーカー)・・・夫人。

プリンシパルケルナー(エイミーマディガン)・・・

アンディ・ニコル(エリソン)・・・

 ストーリー

作家になりたいと夢を持つ少年が教育に熱い思いを抱く教師と出会う。学校では生徒によるいじめも横行。そんな中、勇敢なクラスメイトと育まれる友情、学校一の美少女と芽生えた淡い恋。誰もが通り過ぎる青春の一コマを綴る爽やかなヒューマン・ドラマ!

Amazonプライムより

 見所

世界を平和にする方法

Human Dignity(人の尊厳)+Compassion(思いやり)=平和

人生はタイミングと機会、選択次第で決まる。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!