【初めの娯楽堂】貧乏青年の人生大逆転劇! 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』を紹介、出演はデヴ・パテル&ピーター・キャパルディ

 評価

評価 :3/5。

『どん底作家の人生に幸あれ!』(原題:The Personal History of David Copperfield)は、2021年1月22日(金)公開のイギリス&アメリカのヒューマンドラマ・コメディー映画。監督はアーマンド・イアヌッチ、出演はデヴ・パテルピーター・キャパルディヒュー・ローリーなど。原作はチャールズ・ディケンズ著の「デイヴィッド・コパフィールド」。

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

 登場人物(キャスト)

デイヴィッド(デヴ・パテル)・・・本作の主人公。

(ピーター・キャパルディ)・・・

(ヒュー・ローリー)・・・

(ティルダ・スウィントン)・・・

(ベン・ウィショー)・・・

 ストーリー

『スターリンの葬送狂騒曲』の監督とスタッフが贈る、 奇想天外でまさかの感動を呼ぶ大作家誕生!?物語― デイヴィッドは少年の頃、周囲の“変わり者”たちのことを書き留めては、空想して遊んでいた。優しい母と家政婦の3人で幸せに暮らしていたが、暴力的な継父の登場によって人生が一変。都会の工場へ売り飛ばされ、強制労働のハメに!しかも里親は、借金まみれの老紳士だった…。歳月が過ぎ、ドン底の中で逞しく成長した彼は、母の死をきっかけに工場から脱走。たった一人の肉親である裕福な伯母の助けで上流階級の名門校に通い始めたデイヴィッドは、卒業後に法律事務所で働き始め、さらに令嬢ドーラと恋に落ち、順風満帆な人生を手に入れたかに見えた。だが、彼の過去を知る者たちによって、ドン底に再び引き戻されようとして…。 果たして、デイヴィッドの数奇な運命の行方は!?すべてを失っても綴り続けた、愛すべき変人たちとの《物語》が完成した時、彼の人生に“奇跡”が巻き起こる―。

(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

 裏ばなし

デヴィッド・カッパーフィールドの青年期から成人期にかける人生が描かれている。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です