【初めの娯楽堂】第二次世界大戦のナチス迫害から逃れた作曲家の体験記 映画『戦場のピアニスト』を紹介

 評価

評価 :3.5/5。

戦場のピアニスト』(原題: The Pianist)2002年公開のフランス・ドイツ・ポーランド・イギリスの合作映画。監督はロマン・ポランスキー、出演はエイドリアン・ブロディトーマス・クレッチマン

 登場人物(キャスト)

wikiより

ウワディスワフ・シュピルマン:ウェイディク(エイドリアン・ブロディ)・・・ユダヤ系ポーランド人のピアニスト。

wikiより

ヴィルム・ホーゼンフェルト陸軍大尉(トーマス・クレッチマン)・・・ドイツ陸軍将校。

 ストーリー

第二次世界大戦の開戦により、彼の有望な経歴が中断されるまで最も高く評価された若いミュージシャン。この強力で最終的には勝利を収めた映画は、シュピルマンの英雄的で感動的な生き残りの旅に続く。彼は同情的なドイツ人将校(トマス·クレッシュマン)の助けを借りた。希望の力と人間の精神の弾力性の両方を証言する、記憶に残る叙事詩「ピアニスト」は、彼の最も個人的な映画の中で、先見の明のある映画作家、ロマン·ポランスキーによって生き延びる奇跡的な生き残り物語だ。

Amazonプライムより

 見所

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!