【初めの娯楽堂】無実の罪で収監された天才が刑務所で希望を持ち生き抜く姿を描いた『ショーシャンクの空に』を紹介、出演はティム・ロビンス&モーガン・フリーマン&ボブ・ガントン

 評価

評価 :4.5/5。

ショーシャンクの空に』(原題:The Shawshank Redemption)は、1994年公開のアメリカのヒューマンドラマ。原作はスティーブン・キングの中編小説『刑務所のリタ・ヘイワースRita Hayworth and Shawshank Redemption)』を基に製作された。監督・脚本はフランク・ダラボン、出演はティム・ロビンスモーガン・フリーマンボブ・ガントンなど。

第67回アカデミー賞で7部門にノミネートされた。

 登場人物(キャスト)

アンドリュー・”アンディ”・デュフレーン(ティム・ロビンス)・・・本作のメインキャラクター。無実の罪で刑務所に投獄された囚人。

エリス・ボイド・”レッド”・レディング(モーガン・フリーマン)・・・もう一人のメインキャラクター。人を殺した罪により終身刑を言い渡された囚人。

ヘイウッド(ウィリアム・サドラー)・・・囚人の一人。

ブルックス・ヘイトレン(ジェームズ・ホイットモア)・・・50年も服役している老囚人の一人。

サミュエル・ノートン(ボブ・ガントン)・・・刑務所長。神を信じ、聖書の書いてることを重んじる。

バイロン・ハドリー(クランシー・ブラウン)・・・主任刑務官。

 ストーリー

刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。

wikiより

 見所

デュフレーンの言葉に『人間の中には他人には奪えないものがあるそれは希望』この台詞は非常にかっこいいものだと感じます。実際、日本の実業家である本田宗一郎は『金では奪えないものが俺の頭にはある』と言い、当時からお金を使いいろんな遊びをしていたそう、それは知識や経験にお金を使っていたのです。何か共通する物を感じることができました。

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!