【初めの娯楽堂】CIAの諜報活動の舞台裏!『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』の魅力を紹介

「LOST」「プリズン・ブレイク」「FRINGE/フリンジ」の製作陣が贈る トム・クランシー原作の世界的ベストセラー小説、《ジャック・ライアン》シリーズのドラマシリーズ化! CIA分析官ジャック・ライアンと新たに着任した上司のジェームズ・グリーアは、あるパターンを繰り返す不審な金の流れを追ううちに、アメリカとその同盟国を狙う新興勢力のテロリストとの、ヨーロッパ及び中東をめぐる追いつ追われつの死のゲームに突入していく。

Amazonプライム

 登場人物

元海兵隊員で現在はCIA分析官、ジャック・ライアン(ジョン・クラシンスキー)

ジャックの上司、ジェームズ・グリーア(ウェンデル・ピアース)

 ストーリー

主人公のジャックは海兵隊時代のトラウマを抱えつつCIAの分析官として国外のテロリストを追っていく。

 見所

テレビゲーム『レインボーシックス』『ゴーストリコン』をこの世に送り出したトム・クランシー。その創作した小説シリーズのキャラクターであるジャック・ライアンを主人公とし、ストーリーは独自の創作によって作られているが切迫感、緊迫感のある展開が繰り広げられている。軍事や諜報活動に興味があるならぜひ見てもらいたい作品。

これからもよろしくお願いします!