【初めの娯楽堂】CIAの諜報活動の舞台裏!『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』の魅力を紹介

 評価

評価 :4/5。

トム・クランシー/ CIA分析官 ジャック・ライアン』(原題:Tom Clancy’s Jack Ryan)は、2018年よりAmazonビデオで配信されたアメリカのアクション・スリラー・テレビドラマ。製作はカールトン・キューズ&グラハム・ローランド、出演はジョン・クラシンスキー&ウェンデル・ピアースなど。

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

 登場人物(キャスト)

ジャック・ライアン(ジョン・クラシンスキー)・・・本作の主人公。元海兵隊員で現在はCIA分析官として働いている。

ジェームズ・グリーア(ウェンデル・ピアース)・・・ジャックの上司であり

キャシー・ミュラー(アビー・コーニッシュ)・・・シーズン1に登場。感染症内科の医者、ライアンの恋人である。

ハリエット・バウマン(ノオミ・ラパス)・・・シーズン2に登場。ドイツ連邦情報局工作員。

 ストーリー

「LOST」「プリズン・ブレイク」「FRINGE/フリンジ」の製作陣が贈る トム・クランシー原作の世界的ベストセラー小説、《ジャック・ライアン》シリーズのドラマシリーズ化! CIA分析官ジャック・ライアンと新たに着任した上司のジェームズ・グリーアは、あるパターンを繰り返す不審な金の流れを追ううちに、アメリカとその同盟国を狙う新興勢力のテロリストとの、ヨーロッパ及び中東をめぐる追いつ追われつの死のゲームに突入していく。

Amazonプライム

 裏ばなし

 レビュー

テレビゲーム『レインボーシックス』『ゴーストリコン』をこの世に送り出したトム・クランシー。その創作した小説シリーズのキャラクターであるジャック・ライアンを主人公とし、ストーリーは独自の創作によって作られているが切迫感、緊迫感のある展開が繰り広げられている。軍事や諜報活動に興味があるならぜひ見てもらいたい作品。

 <関連記事>サスペンス

これからもよろしくお願いします!