【和歌山県田辺市】天空の道の駅標高1,280m、日本三美人の湯を巡る

4月上旬の土曜日の朝9時、バイクのパッキングを完了。

この日のために仕事を頑張ってきたとのでワクワク感が溢れ出てしまう。(d゚ω゚d)オゥイェー♪

今回の目的地は通行規制が解除されたばかりの龍神ごまさんスカイタワー道の駅へ向かいます。

この道の駅の特徴はなんと1000m越えの標高に位置しているところ。さらに高野山へのアクセスも簡単なところです。

高野山は全域を真言宗 総本山金剛峯寺としているので足を運ばないわけにはいきませんね。

目的地が設定できれば後はその時の流れに合わせてその状況を楽しむのが私の旅の楽しみ方です。

それでは、いざしゅっぱつ!

・知らぬ間に龍神スカイライン

実は和歌山県は2回目。それも超特急で走り回ったので思い出は少ないのですが今回は思い出が出来そうです。

出発してからほぼノンストップで目的地へ向かっていたら知らぬ間に龍神スカイラインに入ってました。

気づいた要因はカーブがちょっと多くなってきて標高が高くなっていないかな?なんて拍子抜けするような考えからでした。

事前調べはほとんどせず、行くことに意義を感じて心のままに走っていました。

ナビを確認してようやく自分は龍神スカイラインを走行していることに気付いたのでした。

てっきり大きな看板でも目印になるものがあったので気が抜けていました。笑

・龍神ごまさんスカイタワーに到着!

高野山へと向かう峠を走り終えると今度は道の駅へつながる峠(龍神スカイライン)に変わります。

龍神スカイラインはかなりのカーブの数を曲がり、路面は減速帯があり、道幅は広く片側一車線ではあるものの比較的安心して走れます。

一方高野山へとつながる道は龍神スカイラインと比べると道幅、路面状況が大きく異なり滑り止めの為に撒かれていたであろう砂がバイクのタイヤを滑らせるので走行には注意する必要がありました。

天気は残念ながら優れなかったもののものの来ることに意義を感じていたので十分幸せです。

路面は雪の影響で悪くなっているものの比較的いい方ですね。(あくまで北海道出身の感覚です)

実は今回のツーリングでは営業時間内に峠ステッカーを買えなかった為、龍神スカイラインは翌日再トライしていました。

営業終了時間を確認してから道の駅に行きましょう。

・龍神ごまさんスカイタワー売店

営業時間 9時00分~16時00分

再トライの末にゲットしたステッカーに地元のオレンジを使ったレアチーズケーキとコーヒーを御賞味。

コレがうまいんです。

レアチーズケーキはタルト部分が硬ければ私好みでもっと良かったです。

お味の方は一口目はオレンジの程よい酸味を十分に味わいレアチーズのまろやかな味に変化して美味しいです。

食感は全体的にしっとりとしており食べた時にむにゅっとフォークで食べやすい柔らかさでありました。

二口目はケーキを味わいつつ2割くらいの味を残しつつコーヒーを口の中に含ませるとコレまた美味いんです。

甘さと苦味がまろやかになる感じが非常に贅沢なケーキの食べ方でもあり、贅沢なコーヒーの飲み方と言えます。

ぜひみなさんも龍神ごまさんスカイタワーを訪れた際には小休憩をしてみてはいかがでしょうか?

・冷えた体に染みる日本三美人の湯

龍神スカイラインを和歌山市内に向かって下りていくと温泉の看板が見えます。

なぜこうなったのか、峠ステッカーを購入するために龍神スカイラインを再トライすることにし自宅に帰るのではなく一度和歌山県に抜けて一泊する計画に変更。

予定では和歌山方向から龍神スカイラインを登る事は考えていませんでした。

しかし、計画が変わった以上それなりにツーリングを楽しみたいので温泉に行こうと決めました。

脇道に逸れてから温泉街に到着、数店舗近く宿泊施設が並んでおりマップと目の前に広がる光景を照らし合わせるかのように選んだのが龍神温泉元湯

安いとは言えない部類ではありますが秘境的な立地や源泉の質、ここは批判するのではなく入ってから決めようと800円をフロントに渡し。

温泉がある下の階に案内され脱衣所の下駄箱にくると思わずウソ〜んと脳内でひびきながらその壁紙を何度も見ては納得はしているもののやはりちょっと残念ではあります。

『撮影禁止』

お風呂場はシャワーが何個も並びそれなりの広さを誇っており肝心の浴槽は2箇所に露天風呂が合わさり3箇所。

室内風呂は源泉100%と加水されている浴槽で分かれておりちょうどいい湯加減。

窓の外には渓谷が見えておりガラスには申し分程度のモザイクがかかり、外に吊り橋が横にかかっているのですが人が通りかかったら見えるんじゃないかという爽快な景色が内風呂で堪能できました。

露天風呂も最高で足を伸ばしながらちょっと頭を上に向けながら山の木々を見つめ温泉を楽しむことができます。

バイク燃費発表

今回の走行距離(全旅程)は650.7㎞となりました。

道中に給油した量(ガソリン消費量)は17.62ℓとなりました。

燃費は1リットルあたり36.92kmという数値になりました❗️

四捨五入すると37kmというVストローム250のカタログ数値(36km)を超えてきました。

こんなにも燃費がいいと嬉しいですね。なんか徳をした気分を味わえるので旅が終わった後も楽しめるのでやっぱりバイクが好きなんだなと実感します。

・全旅程の走行内訳

1日目

1日の走行距離は実に326kmとなりました。目的地である龍神ごまさんスカイタワーまでが3時間以上かかったのでほとんどが道中という、とんでもない旅になっています。(笑^ー^笑)

1日を下道で走行距離300kmとなると走るのは気持ちいいですが睡魔との戦いともなるので無理はいけません。

小旅行を通して自分の行動可能範囲を知ることができ、自分の体に合ったツーリング計画ができるようになります。それは走行距離に関わらず乗車時間からも推測できるようになります。

燃費の方は34.4km/lをマークしています。長距離走行も燃費に貢献していると思われますがバイクを購入したばかりの時よりも燃費が伸びやすく感じます。

機械が馴染んできたという事なのでしょうかメカニック的な部分に関しては滅法弱いので正しい事は言えないですが。

2日目

そして、340キロ地点で安いガソリンスタンドがあったので満タンにしたところ9リットルの消費だったので実際の燃費は37km/ℓという計算になりました。

やっぱりカタログ数値を超えてくるあたりが最高に嬉しい。

満タンにした後は無補給で帰りました。

最後にガソリンスタンドについた時点で650kmの走行距離となっていました。

流石に1日で650kmの走行をするのは自分にはできないなと今回の旅程で理解したのでした。

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。