Vストローム250の実燃費は?どこまで伸ばせる?お財布に優しいアドベンチャーバイクを目指せ❗️

Vストローム250のガソリンはレギュラー

その大きな燃料タンクには17リットルもの容量を確保。

無補給で510kmの走行を遂げることも。

車重は189kg、サイドケースやトップケースなどフル装備にすると200kg近い車重になります。

トリップメーターの燃費値は正しいのか

結論から言いますと、参考にはなるものの誤差は生じるものとして頭に入れておくのが正しいでしょう。

実際にシンプルな実験をしてみました。

センタースタンドを立てて燃料を満タンの目安まで入れトリップメーターをリセットし269.4km走った後にまたセンタースタンドを立てて燃料を満タンの目安まで入れました。

269.4km走った時のトリップメーターはガソリン1リットルあたり26.0kmを記録しました。

では実際の燃費はどのくらいだったのか269.4km走った後に燃料を満タンにするまで何リットル入れたのか見ます。

9.55リットル入れたことがわかりました。

走った距離を消費した燃料で割ると実際の燃費が出ました。

結果からトリップメーターとは2キロほどの誤差があることがわかりました。

実燃費

Vストローム250の実燃費は街乗りでガソリン1リットルあたり25.3〜26.5kmを記録しています。

郊外でのロングツーリングではガソリン1リットルあたり29.0〜32.2kmを記録しています。

総距離に対する平均燃費

1000km走った際の燃費はガソリン1リットルあたり30.4km。

1269km走った際の燃費はガソリン1リットルあたり31.8km。

2782km走った際の燃費はガソリン1リットルあたり28.9km。

燃費が伸びやすい速度域

体感ではあるものの時速60km〜75kmを安定して走行すると燃費が伸びやすい傾向にあります。

時速80kmを超えてくるとエンジンの負荷が音と振動で感じます。トリップメーター上でも満タンリセット後に急発進などを合わせて走らせると明らかに燃費が目に見える速さで落ちていくのが確認できました。

究極的な燃費を伸ばす方法

・ゆっくり加速ゆっくりブレーキ

・時速60〜75kmで一定速度で走る

・信号の少ない道を走る

・往復100km以上走る

・長い信号待ちの場合はキルスイッチを使ってアイドリングストップをする。

注意:エンジン&マフラーが温まっている状態で信号待ちが1分近い時など。

・平地な場所を走行する

これからもよろしくお願いします!