残念と言わざるを得ないV-Strom250の理由。それでも人気なのはなぜ?

今回はV-Strom250であちこちを走り回って感じたユーザー目線のお話をしていきます。

ご購入を考えている人はぜひ参考に。

併せて他社のアドベンチャーバイクとの比較をした記事『V-Strom250はアドベンチャーバイクと思ったら大間違い』もどうぞ。

 最高速が頭打ち

エンジンの特徴が低速トルクに重点を置いているからか最高速がすぐに頭打ちになります。

発信から90km/hまでは伸びるのですが100km/hからの最高速は伸び悩みます。

エンジンの馬力が重量があるにも関わらず24馬力と控えめなのも理由の一つです。

街乗りには十分ではあるのですが遠出だと上り坂での追い越しするのにもエンジンをフル回転させて抜かすことも多々あります。

直線路では多くの車に軍配があがりますが峠やカーブではトコトコと走っていても前車に追いついてしまうことがあります。

なので私は登坂車線や思いやり車線で無理のない程度に前車の追い抜きを図ります。

そんな時にエンジン出力の低さに気付かされます。そして実際に追い抜きや追い越しに成功したのは数少ないです。

具体的に抜かすまでの速度を出すのに時間がかかるので長い登坂車線や300mほどの見通しの良い直線路でない限りほとんどできません。

 ブレーキ性能がイマイチ

街乗りにおいては必要十分な性能を有しています。

しかし、ツーリングでフルパニアにして重量が増し増しになっているバイクを想像していただきたいです。

止まらないことはないですがブレーキ性能が著しく低下します。 

フルパニアでツーリングをする時は下道を多く走るのですが峠や長い下り坂でブレーキを踏みはじめてから効き始めるのが遅くなり咄嗟のガッツリ踏みのブレーキはかなり危険な印象です。

下り坂はスピードが乗りやすくブレーキングが早め早めにしないとオーバースピードになりやすいです。

かれこれ総走行距離は3万キロを超えている為これを機に純正パットからデイトナ製のゴールデンパットに変更予定です。

 ステップが邪魔!

V-Strom250は足を下ろした先にステップがあります。

咄嗟の足の出し入れをする際や停車時に足を下ろすのに当たってしまうのは正直どうなのかなと思うところがあります。

車重が重いのでバランスを取るのに咄嗟に足を出した際にステップが邪魔で立ちゴケ、なんて事もあります。

 ハンドルの切れ角が浅い

ライバルとなるヴェルシス250がハンドル切れ角が40度のなかV-Strom250は36度です。

 尖った特徴がない!

国内の二輪アドベンチャージャンルの中ではV-Strom250には目立った特徴がないというのが実情です。

上げるなら大容量の燃料タンクと低燃費でカスタム部品が多い点でしょう。

特徴がないというのも一つの特徴で言い換えれば多くの人が扱いやすい車両ということです。

実際にブランクのあるリターンライダーや女性、私の様に初のバイクがV-Strom250という事もあり得るのです。

しかし、あとちょっとという部分が多いので飽きやすい人にとっては物足りなさを感じるところが多いはずです。

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です