【初めの娯楽堂】好奇心旺盛だったあの頃が懐かしく感じる ドラマ『僕らは奇跡でできている』の魅力を紹介

 評価

評価 :3.5/5。

主演は『東京独身男子』『億男』に出演した高橋一生さん。本作では“動物行動学”を教える大学講師として、学生達に小学生の頃の「常識や固定観念に捉われない」価値観の大切さを気づかせていく。コミカル・ハートフルドラマ

 登場人物(キャスト)

相河一輝(高橋一生)・・・“動物行動学”を教える専任講師。

樫野木聡(要潤)・・・准教授。

沼袋順平(児嶋一哉)・・・アリを専門に研究する講師。

新庄龍太郎(西畑大吾)・・・一輝の教え子。実家がコンニャク農家の学生。

wikiより

青山琴音(矢作穂香)・・・一輝の教え子。

尾崎桜(北香那)・・・一輝の教え子。

須田巧(広田亮平)・・・一輝の教え子。

鮫島瞬(小林薫)・・・生命科学部学部長。

水本育実(榮倉奈々)・・・水本歯科クリニックの院長。

丹沢あかり(トリンドル玲奈)・・・水本歯科クリニックの歯科衛生士。

山田妙子(戸田恵子)・・・一輝の家に住み込みで働いている家政婦。

相河義高(田中泯)・・・一輝の祖父。

 ストーリー

相河一輝は、住み込みの家政婦・山田妙子やペットのカメ・ジョージと暮らしながら、都市文化大学で動物行動学を教える講師として働く。大学時代の恩師・鮫島瞬からの誘いで半年前に赴任したものの、大好きな動物や生き物に関して没頭してしまう性質や時間を守れない性格のために事務方からはたびたび注意を受けている。それは講義においても例外ではなく、学生に与えた課題について発表させるものの、一輝はその課題に対する正解について曖昧な言動に終始、周囲を惑わせる。しかし、その一方で常識や固定観念に囚われない一輝に接することで、周りの人間は自分たちの価値観の意味を問い直すことになる。その授業はしだいに評判を呼んで、学生たちにゼミ開設をリクエストされるなど人気を得てゆく。学生の一人の新庄龍太郎は実家の職業を継ぐかどうかを悩み、一輝と接するうちに思考を深め、やがて彼の生き方に憧れを抱く。また同じく一輝の教え子・青山琴音は一輝に恋をしてゆく。

wikiより

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!