【初めの娯楽堂】アメリカ先住民の居住区 映画『ウィンド・リバー』を紹介、出演はジェレミー・レナー&エリザベス・オルセン

 評価

評価 :3.5/5。

ウインド・リバー』(原題:Wind River)は、2017年公開のアメリカ合衆国のスリラー映画。監督・脚本はテイラー・シェリダン、出演はジェレミー・レナーエリザベス・オルセンなど。

 登場人物(キャスト)

コリー・ランバート(ジェレミー・レナー)・・・本作のメインキャラクター。合衆国魚類野生生物局のハンター、コリーは雪山に囲まれた雪原の中で、ネイティブ・アメリカンの少女ナタリーの死体を発見。

ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)・・・本作のもう一人のメインキャラクー。新人FBI捜査官。

ベン・ショーヨ(グラハム・グリーン)・・・

ナタリー・ハンソン(ケルシー・アスビル)・・・

マーティン・ハンソン(ギル・バーミンガム)・・・

マット・レイバーン(ジョン・バーンサル)・・・

 ストーリー

厳寒の大自然に囲まれたアメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地“ウインド・リバー”で見つかった少女の凍死体―。遺体の第一発見者であり地元のベテランハンターのコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は案内役として、単身派遣された新人FBI捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)の捜査に協力することに。 ジェーンは慣れない雪山の不安定な気候や隔離されたこの地で多くが未解決事件となる現状を思い知るも、 不審な死の糸口を掴んだコリーと共に捜査を続行する…。

(C)2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 見所

 <関連記事>

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です