【初めの娯楽堂】感動と喜びを与える 映画『ワンダー君は太陽』の紹介

心は人の未来を示す地図で

顔は人の過去を示す地図なの

映画『ワンダー君は太陽』 母の言葉

とある理由で自宅学習を続けてきた10歳の主人公オギー、5年生から入学した学校では想像を超える経験をする事に

今回は感動で泣いてしまう映画『ワンダー君は太陽』の紹介をします。

 時折出てくる格言が物語を深める

人をいたわれ、

みんなも闘ってる

相手を知りたかったら

やる事は一つ

よく見る事

映画『ワンダー君は太陽』 

遺伝子疾患で特別な顔を持つオギー、幾度の整形手術によって自宅学習を続けてきた、そんなある日5年生から編入します。

学校ではいじめや裏切りにあいますがそんな時に支えてくれるのは家族、そして決断を教えてくれる格言。授業では先生が『格言』を教えるシーンが何度かあります。それは物語の道導となり主人公を成長させます。

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です